プロパンガスの相場について

「プロパンガス」とは、石油ガスを液化したもので正確には液化石油ガスと言います。

「LPガス」とも呼ばれていて、日本国内で幅広く使用され、環境にやさしく持ち運びにも容易で災害時にも強いという特徴を持っています。家庭で我々が普段使用しているガスには「都市ガス」と上に挙げた「プロパンガス」の2種類があり、これは近代的な生活を支えるとても重要なエネルギー源の一つと言えます。ガスコンロや給湯器、ガスヒーターやカセットコンロなどの燃料として使われるほか、トラックや貨物車などの燃料としても活躍しています。

一般家庭においてプロパンガスを利用する場合は、液化されたLPガスを容器に充填してその容器を契約者に配送しています。都市ガスは都市部においてガスの導管を引いて各家庭に供給され、民家が集中していない地方都市などでは導管を引くよりもLPガスを使用するほうがコストの効率も良いために、日本全国で約30%の家庭でLPガスが供給されているのです。

プロパンガスは、「自由料金」なので、販売店が仕入れ価格などを考慮し利益を考えて自由に料金を決めることができ、地域や販売店によって料金が異なります。また、基本料金と従量料金の2つの料金で成り立ち、全国の相場は基本料金は2000円前後、従量料金は約500円程度です。ガスの相場が高いことは仕方なく、自分の契約しているガス販売店が他のお店よりも高ければ、適正価格の販売店への切り替えを行うことも可能です。プロパンガスの相場は、都市部よりも地方都市に行けば行くほど多少高くなるので、販売店の費用を下調べをしてから、契約することをお勧めします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *