生活の中のプロパンガス

私達の生活の中で火を使う事がよくあります。

料理をするためにフライパンを使う際や煮込み料理をする時に鍋を使う際にも使いますし、お風呂を沸かす場合にも使います。この様に火を利用する際に使われる古くからのものは薪です。最近は都市部の生活では余り使う事はなくなりましたが、山間部や田舎に行くとまだ薪を使って火をおこして使っている所は多くあります。

次に火を使うために使われたのが練炭です。これは石炭から作られるもので昭和の時代には普通に火を使うのに使われていました。その後に使われた始めたのがガスです。ガスには幾つかの種類があります。1つは都市ガスと呼ばれるメタンなどを主成分とする天然ガスで、もう1つがその名の通りのプロパンです。プロパンは、通常はボンベに詰められて売られます。

それに対しもう一方は地中に張り巡らされた配管によって配給されます。前者は主に配管が難しい田舎に多く、後者は都市部に多くなっています。生活の中で利用する際には火力も気になります。一般的に、メタンを主成分とする都市ガスの方が、プロパンに比べ低出力である事が知られています。

ただ、前者の方が後者より低出力ですが、値段は安くなっています。この様な特徴から、プロパンの使い方が自然と定まって来ます。ボンベに詰めて配送される為、運搬の手間がかかりますが逆に大掛かりな設備を使用できます。また災害時にも影響を受けずに利用する事ができます。火力が強いのも魅力です。
プロパンガスの相場のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *