生活していく上で使用する都市ガスとプロパンの違い

生活していく上で使用する都市ガスとプロパンには違いがあります。

同じ器具は使用できないため注意する必要があります。原料については、都市ガスはメタンが主成分で、主な原料は天然ガスと考えて間違いありません。主な輸入国は、マレーシアやオーストラリアとなります。使用時は、水道や電気と同じように地面の下に通された導管を通じて届けられます。

料金については、全てのコストに利益を加える総括原価方式で料金が決められていると考えて間違いありません。プロパンの原料は、ブタンやプロパンやブタンが主成分となり、液化石油ガスが原料となります。アブダビやカタール、サウジアラビアやクウェートが輸入国です。使用方法は、液化されたガスを容器に充てんし、容器を配送し使用することになると考えて間違いありません。使用方法に違いがありますが、導管を引く場合初期投資が必要になります。

人口がある程度密集している地域でないと、初期投資を回収することが出来ないため、容器を配送し使用することになります。プロパンの料金については、販売店が料金を設定しており、同じ地域でも販売店によって料金が異なります。販売店をチェックし、リーズナブルな販売店を利用するとよいです。それぞれ熱量や原料が異なるため、生活していく上で同じ器具は使用することができません。引越しの際は器具を変える必要がないか、注意することが必要です。事前に生活していく上で支障がないか、チェックしておくことをお勧めします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *