プロパンガスを生活で使う上の注意

私達の生活で様々の局面で火を使う事があります。

色々な火力源がありますが、それぞれ特徴がありますので安全に使う必要があります。一番安全なのは電気なのですが、エネルギー源としては火力や水力などの他のエネルギー源から作られる2次的なエネルギーであるために割高になりますので、ここでは現在電気以外でよく使われているガスについて考えます。

通常生活で使うガスには、都市ガスとプロパンがあります。前者はメタンを主成分とする天然ガスです。特徴は、火力は弱いのですが大量に割安に供給されます。都市部の一般家庭の火力源として主なものになっています。欠点としては、各家庭に引き込むための配管の設備が必要で大掛かりになる事です。これに対してプロパンの場合には、その名の通りプロパンがボンベに詰めて配達されたものを使います。

特徴としては、割高なのですが火力が強いために飲食店などでよく使用されます。ボンベで供給される為に大きな設備が必要なく色々な場所での使用が可能です。大掛かりな設備が必要ないので災害に強いという特徴もあります。日常生活の中でこれらを使用する際に気をつけなければならない事があります。それは都市ガスの比重は空気に対して軽いのに対し、プロパンは空気より重いという事です。この事から充満した時の対処が異なってきます。前者の場合には、とにかく窓を開ければ上空に抜けていくのですが、プロパンの場合にはきちんと排気しないと災害が起きる可能性があります。
プロパンガスの相場のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *