ピルはコンドームよりもはるかに避妊の確立を抑えることができ、その確立はほぼ100%として世界中で利用されています。また子宮内膜症や月経痛などの症状改善にも効果があるので女性にとってとても心強いお薬なんです。

避妊薬を服用できない人の特徴とは

避妊薬は望まない妊娠を回避するためや、女性機能を調節するために非常に役立つ存在となっています。
しかし避妊薬は医薬品である以上、体質などの理由によって服用が出来ない人もいるのです。
では避妊薬を服用できない人の特徴としてはどういったことが挙げられるのかと言うと、まず高血圧や心筋梗塞、血栓症になったことがあるという人に関しては服用が出来ないとされてしまいます。
これは避妊薬、低容量ピルに副作用として血栓症リスクの増大があるからです。
通常の人であればそれだけで服用が禁止されるということはないのですが、過去にそうした病気にかかったことがあるということは体質的にリスクが高い、もしくは現段階でもリスクを抱えていると判断されてしまいますから、服用ができない人とされてしまうのです。
また乳がんや子宮体がん、子宮頚がんといったがんを持っている人も服用ができない人として扱われます。
これは避妊薬が女性ホルモンに対して影響を与えるものであるからです。
これらのいずれのがんであっても女性ホルモンと大きく関係をしていることが多いわけですから、そこで女性ホルモンを外部からコントロールする避妊薬を投与するのはリスクがあるとして判断されるのです。
またこの他にも、妊娠中の女性や妊娠している可能性がある人に対しても処方はされません。
避妊薬はあくまでも妊娠をしないようにするものであり、すでに妊娠している人に対しては効果がみられないからというのが理由です。
ただこうした特徴を持つ人は避妊薬を服用できない人であると言っても、最終的な判断については医師が行うものとなっています。
状況によってはこうした条件に合致していても服用が許可されることもありますから、状況に応じて病院を受診して判断してもらうようにしてください。