ピルはコンドームよりもはるかに避妊の確立を抑えることができ、その確立はほぼ100%として世界中で利用されています。また子宮内膜症や月経痛などの症状改善にも効果があるので女性にとってとても心強いお薬なんです。

クリニックで避妊薬を買う場合保険証は

クリニックで避妊薬を買うことができますが、この時必ずと言っていいほど保険証が必要になります。
避妊薬の処方は治療ではないため保険が適応されないことが多く、それなら保険証もいらないのではと思われるかもしれませんが、本人を確認するために多くのクリニックでは保険証の提示を義務化しているのです。ただし保険証を失ってしまった場合はそのこと伝えれば対処してもらえます。
ただ保険証をクリニックに提示すると後に避妊薬を使った履歴が家に送られてきて、家族にバレるのではないかという心配があります。
この点なら心配する事は有りません。
もしも履歴を残したくないならそのことをクリニックに伝えればいいのです。
言わなかった場合でも産婦人科の場合は痕跡を残さないようにしてくれるのです。
特に未成年の場合はそうしてもらえます。
中には保険証なしでも診察してくれるクリニックもありますのでどうしても保険証を持ち出せない場合にはそのようなクリニックを探すことをおすすめします。
もしも万が一履歴が残ってしまったとしてもただ産婦人科に行ったということが残るくらいで詳しい治療内容までは書かれていません。
避妊のために避妊薬を処方したということまでは書かれないため、もしも聞かれたとしても生理不順になったと言えばいいのです。
ピルを処方してもらったことがばれてもピルは避妊以外にも効果があるためそのためだけに購入したと言えば問題ありません。
バレルのが怖いので避妊薬で避妊しないというのは問題です。特にモーニングアフターピルの場合は早く使わなければいけませんのでバレるバレ無いと言っている暇はありません。
クリニックは守秘義務があるため親があとで治療内容を問い合わせたとしても黙秘してくれます。