女性の味方!避妊薬とは?

ピルはコンドームよりもはるかに避妊の確立を抑えることができ、その確立はほぼ100%として世界中で利用されています。また子宮内膜症や月経痛などの症状改善にも効果があるので女性にとってとても心強いお薬なんです。

避妊薬の効果ってどのくらいあるの?

妊娠したくないと思っている人達にとって、性交が終わった後にもしかしたら避妊に失敗してしまったのかもしれないと思わせてしまうような事態の出現ほど怖いものはありません。例としてはコンドームを使用して性交をしていたのにも関わらず、性交が終わってからよく見てみるとコンドームが破けており精液が漏れていたのを目撃してしまった場合等があります。そのような光景を目にした瞬間、まだまだ妊娠したくないと考えている人にとってはまさに青ざめてしまうような出来事であると言えるでしょう。このようにコンドームによる避妊の効果は残念ながら100パーセントではなく、使用方法が正しくない場合は簡単に性交中でも破けてしまう可能性があるので注意する必要があります。しかし最近コンドーム以上に確実な避妊効果を得られる為のものとして、避妊薬を利用するということが世間的にはよく行われるようになりました。避妊薬は病院等に行って処方してもらうことも出来ますし、通信販売等で購入することも出来ます。また海外製のものもあります。いずれにしろこの薬を服用することで一体どれ位の避妊効果が得られるのかということは、避妊を失敗させたくない人達の間では最大の関心事となっています。
そもそも避妊の為の薬には大きく分けて2種類があり、一つは普通の避妊薬と呼ばれているもので、もう一つは避妊に失敗してしまった場合に緊急的に服用する為のいわゆる緊急避妊薬というものがあります。そしてその2種類のうちのどの薬を服用するのかによって得られる効果も当然違ってきます。前者の一般的な薬の場合、適切に服用することでほぼ100パーセントに近い避妊効果を得ることが可能になります。しかしあくまでもほぼ100パーセントの効果が得られるというだけであって、コンドームと同じように100パーセント確実な避妊効果を得られるわけではないのです。なので服用する場合であってもコンドームと併用する等の方法によって、より避妊確率を上げていくようにしながら使用していく必要があります。もう一方の緊急避妊薬の効果ですが、こちらは残念ながら80パーセント程の避妊効果しか期待出来ないとされています。そもそも性交が終わった後に緊急処置的に飲むものですので、ある意味で当然と言えば当然であります。しかしやはり避妊に失敗してしまった場合に何もしないでただ落ち込むよりは、もちろん飲んだ方がいいと言えます。
避妊薬は今や月経困難症の治療薬として用いられるのもポピュラーな使い方になってきています。例えば、そのための薬の中でも比較的新しい薬に「ヤーズ」というピルがあります。新薬ゆえ、あまり病院で処方されていないので、飲んでみたい人は通販してみるといいでしょう。ただ、ヤーズを通販するなら慣れてからの方がいいと思います。まずは自分の体がピルと相性が良いのか、副作用が強く出てしまわないか、などを確かめてからにしましょう。

■緊急避妊薬を常備しよう
モーニングアフターピルはネットでの購入が可能